« pet goods no.1 | トップページ | メイプルご飯タイム »

2011年1月19日 (水)

BILL と JACK

Hi! Thanks for reading my web site. hope you enjoy!! =)=)=)

Cimg4048

数日前にブログパーツでVISITORSってのを貼ったんだけどshadow

shineすごーいshine

アメリカ、台湾、シンガポールで私のこんなブログを見てくれた人がいるっheart04airplane

Bil-Jackでグーグルってひっかかったとかそんなんかなーsign02

それでも ちょっと感動noteshappy02

今モニターさせてもらってるビルジャックrestaurant

BIL(名前) JACK(性)って人が創設者かと思ってたら

 

冊子見ててビックリbookeye

ビル・ケリーとジャック・ケリーっていう兄弟で創ったらしいflair

私的に超へぇーーーーーーsign03happy01sign03happy01sign03ですが

余談ですね・・・smile

1947年創立らしいですdoor

っまそれも余談ですがね・・・smile

でもでもすごいなって思ったのは、

独自に開発したアミノヘルス製法というので国際特許を取ってることdanger

アミノヘルス製法

ケリーフーズが独自に開発し、国際特許を取得した製法です。通常では138~149℃と高温・高圧で行われる調理を、製造時の気圧をコントロールすることによって約半分の74℃で調理することができます。これにより熱に弱い栄養素・アミノ酸の変質を抑えて調理をすることが可能となりました。調理の過程で栄養素を損なわずに調理することができる唯一の製造法なのです。

だそう。

この製法だと、脂肪分を後から足す必要がないらしいsign05

脂肪は原料の鶏肉から自然に出てくるもので、ビルジャックの成分表に「脂肪」と書かれていないのはそのだめだそうですpencil

え??

ってことは待って・・

一般的にドッグフードと呼ばれるものには、あとから脂肪を吹き付けたものが多いってことカ??

なんとなくショック。

「多くのペットフードは粗挽きに、粉末状のたんぱく質を高温高圧の鋳型で押し出して混ぜ合わせます。その工程で脂肪分の多くは溶けて流れ落ちてしまいます。脂肪が失われると食べ物の匂いや味がほとんどなくなり愛犬に食べてもらえなくなるので、仕上げの工程で脂肪を吹き付けなければなりません。しかし高温で失われるのは脂肪だけでなくアミノ酸等の栄養分も失われています。」

だそうです。

へぇ~sweat01確かに「高温だと栄養素が失われる」ってのは、赤ちゃんの調乳とかでも熱湯でなくて70℃くらいの湯が適温とかっていうから同じ事なのかなぁsign02

私は他のブランドのフードのモニターはしたことないからよくわからないし、そんな製造方法まで興味持ったことなかったけど

ビルジャックについてマメ知識がつきましたconfidentgood

« pet goods no.1 | トップページ | メイプルご飯タイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371770/38515552

この記事へのトラックバック一覧です: BILL と JACK:

« pet goods no.1 | トップページ | メイプルご飯タイム »